大阪掖済会病院について

病院概要/沿革

当院は大正2年11月に大阪診療所を開設、さらに大正4年2月には現在の大阪掖済会病院となり、以降医療機器の整備を進めながら地域医療の向上に努めて参りました。
平成14年8月から病院の増改築工事を進め、平成16年3月新病院を1部オープン。 平成17年8月に新病院の全面オープン及び介護老人保健施設 「えきさい大阪」を新規オープンいたしました。

 

病院の概要

名称 大阪掖済会病院
病院長 澤田鉄二
所在地 大阪市西区本田2丁目1番10号
電話 06-6581-2881
FAX 06-6584-1807
開設 大正 2 年 11 月
診療科目
内科、循環器内科、消化器内科、糖尿病・代謝内分泌内科、
神経内科、外科、消化器外科、整形外科、リハビリテーション科、
小児科、眼科、放射線科、人工透析内科、麻酔科、
手外科・外傷マイクロサージャリーセンター、内視鏡センター
人間ドック・健康診断センター
病床数 病院(一般病棟)135床、介護老人保健施設 100床
受付時間 平日  午前8時30分 ~午前11時30分、午後1時~午後4時
※診療科により午後の受付時間が一部異なります。
休診日 日曜日、祝祭日、年末年始
面会時間 月曜日~土曜日 午後2時 ~午後8時
日曜日、 祝祭日 午前10時~午後8時

▲TOPへ戻る

各種指定・認定など

1951年11月
結核予防法に基づく医療機関指定
1952年 6月
第二種社会福祉事業団届出受理
1952年 6月
労働者災害補償保険法に基づく医療機関指定
1953年12月
医療無線電報を発受する病院指定( 日本電信電話公社 )
1955年 4月
生活保護法に基づく医療機関指定
1974年 6月
救急病院指定
1977年 4月
原子爆弾被爆者の医療等に基づく医療機関指定
1977年 7月
身体障害者の腎臓関係更生医療機関指定
1990年 4月
大阪市基本健康診査取扱医療機関指定
1996年 1月
日本大腸肛門病学会認定関連施設指定
1997年11月
日本整形外科学会認定医制度研修施設認定
2000年 3月
居宅介護支援事業所指定
2001年10月
日本眼科学会専門医制度研修施設認定
2003年 1月
日本外科学会外科専門医制度関連施設指定
2008年 4月
日本医療機能評価機構 認定病院《Ver.5.0》
2014年 6月
日本医療機能評価機構 認定病院《3rdG Ver.1.0》
2018年 6月
日本医療機能評価機構 認定病院《3rdG Ver.1.1》

▲TOPへ戻る

専門医認定医一覧表

                                                                                                                
日本内科学会 認定医 大野 マリ子
認定医宇野 裕典
総合内科専門医湯川 知洋
認定医 田中 稔之 
総合内科専門医・認定医 髙岡 奈央子 
日本外科学会 指導医・専門医澤田 鉄二
指導医・専門医村橋 邦康
専門医城月 順子
専門医池谷 哲郎
日本小児科学会 専門医  畠野 雅子
専門医  林 絵里
専門医  比嘉 勇介
日本整形外科学会 専門医 五谷 寛之
専門医田中 祥貴
専門医吉村 奉修
専門医佐々木 康介
日本眼科学会
専門医 小林 千穂
日本麻酔科学会 専門医 西原 秀信
専門医井上 慧人
厚生労働省麻酔科標榜医西原 秀信
厚生労働省麻酔科標榜医井上 慧人
日本人間ドック学会 人間ドック認定医 大野 マリ子
日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医 大野 マリ子
日本消化器病学会 指導医・専門医  宇野 裕典
専門医・評議員  湯川 知洋
専門医  田中 稔之
指導医・専門医  池原 照幸
日本消化器内視鏡学会 専門医 澤田 鉄二
指導医・専門医 宇野 裕典
指導医・専門医 湯川 知洋
日本消化管学会 胃腸科指導医・専門医 宇野 裕典
胃腸科専門医 湯川 知洋
日本消化器外科学会 指導医・専門医
消化器がん外科治療認定医
澤田 鉄二
指導医・専門医 
消化器がん外科治療認定医
村橋 邦康
専門医  城月 順子
指導医・専門医  池原 照幸
日本内視鏡外科学会 技術認定医  村橋 邦康
日本がん治療認定医機構 認定医 澤田 鉄二
教育医・認定医 村橋 邦康
認定医 城月 順子
日本手外科学会 専門医五谷 寛之
専門医田中 祥貴
専門医佐々木 康介
日本医師会 認定産業医  大野 マリ子
認定産業医大谷 眞一郎
認定産業医池原 照幸
日本大腸肛門病学会 指導医・専門医 池原 照幸
日本救急医学会 専門医 大谷 眞一郎
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医 湯川 知洋
日本心血管インターベンション治療学会 専門医 大谷 眞一郎
認定医 岩村 世晴
障害者自立支援法指定医
 (じん臓機能障害)
指定医 大野 マリ子
 (小腸・ぼうこう・直腸機能障害) 指定医 村橋 邦康
 (肢体不自由) 指定医 五谷 寛之
 (肢体不自由) 指定医 田中 祥貴
 (心臓機能障害) 指定医 大谷 眞一郎
ICD(インフェクションコントロールドクター) 湯川 知洋
日本循環器学会 専門医  髙岡 奈央子
日本プライマリケア連合会 認定指導医  髙岡 奈央子

▲TOPへ戻る

主な医療設備一覧表

全身用コンピュータ断層撮影装置 新式64列マルチスライス(CT)
全身用磁気共鳴診断装置 磁気共鳴画像(MRI)1.5テスラー
多目的IVR専用血管撮影装置  
X線骨密度測定装置  
TV・DR装置  
外科用TV装置  
CRシステム  
胃・十二指腸ビデオスコープ  
気管支ビデオスコープ  
胆道ビデオスコープ  
大腸ビデオスコープ  
デジタル内視鏡画像ファイル装置  
腹部超音波装置  
心臓超音波診断装置 セコイアテクノロジーシステム
負荷心機能検査装置  
マルチカラーレーザー装置  
YAGレーザー装置  
ハンフリー視野計  
ゴールドマン視野計  
非散瞳眼底カメラ  
イメージネット眼底カメラ  
外来手術用顕微鏡  

▲TOPへ戻る

沿革

                  
1913年11月
大阪診療所開設
1915年 2月
大阪病院となる
1918年 4月
看護婦養成所付設
1923年 6月
従来の内科 ・ 外科に加えて耳鼻咽喉科 ・ 眼科 ・ 小児科
レントゲン科 ・ 皮膚科 ・ 歯科開設
1938年 3月
国内船、外国船の無線電報による医療相談機関として
逓信省より指定される
1946年 3月
空襲により全焼
1949年 8月
診療所を旧大阪病院焼跡に開設
1951年 3月
大阪病院として再出発。診療科は内科 ・ 外科 ・ 小児科( 病床数 24 )
1971年 8月
病棟増築( 病床数 92 )
1974年 8月
本館を新築、人工透析科開設、病棟増改築( 病床数 130 )
1981年 7月
成人病検診センター開設
1986年12月
病床数増床 150床へ
1989年 4月
整形外科開設
1996年 9月
眼科開設
1998年 6月
リハビリテーション拡張
2000年 4月
居宅介護支援事業所開設
2004年 3月
新病院一部オープン、循環器科、消化器科、胃腸科、神経内科開設
2005年 2月
新病全館完成
2005年 4月
電子カルテ導入
2005年 8月
介護老人保健施設 えきさい大阪 開設
2010年 4月
内視鏡センター開設
2012年 4月
麻酔科開設
2013年11月
大阪掖済会病院創立100周年
2015年 4月
手外科・外傷マイクロサージャリーセンター開設

▲TOPへ戻る

地域医療との連携

地域との連携を図るため次のような活動を行っています

  • (A)地域住民の方を対象に、“ 健康づくり ” “ 検診や医療懇親会 ” 等を目的に「 掖済会友の会 」 を結成し、医療相談の他、毎年定期的に見学会、医学講演会を開催しています。
  • (B)地域の先生方との「 掖済会病診連絡会 」を結成し、年2回学術交流会を 開催するとともに先生方との親睦を深めています。

▲TOPへ戻る

社団法人日本海員掖済会の概要

明治13年8月5日( 1880年 )に創立された我が国で最も古い伝統ある公益法人です。戦前は、船員の養成並びに船員及びその遺家族に対する医療を始めとする各種の福利厚生事業を行い、海運、水産の発展に寄与してきましたが、戦後は社会情勢の変遷に即応し、社会福祉の精神に沿って広く地域社会に対する援護も行う福祉事業団体として再出発し、医療事業を主体とした福祉事業及び船員に対する福利厚生事業を行っています。現在、本部を東京に置き、全国主要港湾都市に病院 8ヶ所、診療所2ヶ所、介護老人保健施設2ヶ所、看護専門学校1ヶ所を運営しています。

所在地
〒104-0044 東京都中央区明石町1番29号
TEL
03(3541)4661
 FAX
03(3541)4665
会長  谷山 將
  日本海員掖済会ホームページ

▲TOPへ戻る

全国掖済会病院の紹介

地図

▲TOPへ戻る