平成30年度 大阪掖済会 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 312 70 63 69 144 231 381 677 550 209
【解説】
・2018年度の退院患者を10歳刻みで集計しています。
・当院の入院患者の年齢層は、70歳代をピークに60歳以上の患者割合が67.1%と多数を占めています。肺炎や心疾患(狭心症、心筋梗塞など)、および悪性新生物などの高齢者に多い疾患を中心に、地域医療に密着した医療を行っています。地域の中核病院として、積極的に救急搬送の患者や開業医からの紹介患者の受け入れを行っています。
・小児科は地域の紹介患者受け入れにも力を入れており、全体の14.1%と高齢者に次ぐ割合で10歳未満の小児患者が多い結果となりました。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 10 22.20 15.14 0.00% 69.70
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 - - - - -
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 - - - - -
100071xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 85歳未満 - - - - -
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - - - -
※症例数が10例未満は-(ハイフン)と表示されています
【解説】
・当院の内科は代謝内分泌内科が中心となっているため、糖尿病が多くなっています。糖尿病の入院は血糖コントロールを目的とした教育入院が多く、インスリンの適切な投与や食事指導などで、血糖管理の改善をサポートします。
・慢性腎不全患者に対して透析治療を行っており、腎機能が低下した患者さんの体液異常などの管理を目的とした入院が多くなっています。循環器内科・外科等の各診療科と密接に連絡を取りながら、合併症を含めた総合的な診療を行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 64 3.11 3.01 0.00% 69.31
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 44 3.89 4.47 0.00% 69.82
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 26.27 17.66 9.76% 81.68
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 3.32 3.15 0.00% 72.55
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 12.47 12.52 0.00% 68.71
【解説】
・循環器内科で最も多いのは、狭心症や慢性虚血性心疾患に対してのカテーテル検査入院です。近年増えている狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾患や高血圧に起因する心不全において、当院では冠動脈有意狭窄病変に対する経皮的冠動脈形成術を多く行っており、早期の社会復帰を目標に治療を行っています。
・2019年7月から心血管疾患を専門とする医師の拡充により、心臓病センターを立ち上げました。最新のアンギオ装置が導入し、設備面においても幅広く対応できる体制を整えています。日中のみならず、夜間・休日も含めた24時間365日体制で循環器内科医が対応し、循環器救急症例も積極的に受け入れを行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 215 2.08 2.67 0.00% 67.39
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 49 27.00 20.92 14.29% 86.27
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 10.66 10.08 0.00% 80.23
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 33 19.70 12.58 0.00% 85.18
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 31 6.10 7.75 0.00% 67.16
【解説】
・消化器内科で最も多いのは、大腸ポリープに対して内視鏡的ポリープ切除術を行う入院です。次いで、胆管結石や胆管炎、大腸憩室症となりました。
・当院の消化器内科は、消化器疾患だけでなく一般内科も担っているため、誤嚥性肺炎や尿路感染症の患者数が多くなっています。
・内視鏡センターは24時間365日体制で対応しているため、血液検査や尿検査など一般検査以外にも、消化器内視鏡検査や腹部検査などにも緊急対応可能です。特に吐血・下血などの消化管出血に対する、内視鏡的止血術や異物除去術などは休日深夜でも緊急治療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 25 4.16 4.96 0.00% 70.60
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 7.50 7.30 0.00% 59.17
060241xx97xxxx 痔核 手術あり 13 1.77 5.78 0.00% 66.54
060040xx02000x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 16.92 15.84 0.00% 68.17
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 9.75 8.95 0.00% 72.92
【解説】
・外科で最も多い診断群分類は、鼠径ヘルニアです。次いで、胆嚢炎、痔核、直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍、イレウスです。
・近年増加している癌に対して、当院では胃癌や大腸癌の腹腔鏡下の切除術や開腹での切除術を行っています。術後の補助化学療法や切除不能進行・再発癌に対する化学療法も外科で行っています。また、緩和ケア医療も行っています。
・胆嚢水腫、胆嚢炎等の腹腔鏡下の手術を数多く施術しています。消化器内科で診断・緊急治療を受けた後に、外科で腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行する症例が多いことも特徴です。各診療科と連携した総合的な診療を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 55 5.71 6.14 0.00% 2.13
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1 あり 45 1.00 2.14 0.00% 2.53
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 5.41 5.71 0.00% 3.32
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 5.35 6.62 0.00% 3.49
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 30 5.23 6.19 0.00% 1.43
【解説】
・一般小児急性疾患を中心に診療を行っています。マイコプラズマやRSウイルスなどによる肺炎や急性気管支炎などの呼吸器感染症の症例が多くを占めます。
・大阪市西区で数少ない有床の小児科のある病院として、地域の診療所やクリニックからの紹介も積極的に紹介患者を受け入れています。
・最近では食物アレルギー患者の増加に伴い、専門的診療が可能な医師も加わり、食物アレルギー負荷試験などの検査入院にも力を入れています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 33 5.48 5.68 3.03% 50.61
160780xx97xx0x 手関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病 なし 29 4.24 4.13 0.00% 31.10
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 22 29.09 26.30 31.82% 79.00
160640xx97xxxx 外傷性切断 その他の手術あり 19 7.95 11.11 0.00% 44.95
160610xx97xxxx 四肢筋腱損傷 その他の手術あり 18 7.44 9.49 0.00% 45.61
【解説】
・当院の整形外科には手外科・外傷マイクロサージャリーセンターが含まれており、大阪府下及び近隣他県から事故などの外傷患者が救急搬送、紹介受診されています。手外科・外傷マイクロサージャリーセンターでは、顕微鏡下の四肢外傷切断指再建手術を積極的に行っています。交通事故や労働災害による外傷の患者はDPC対象外となり上記の表の数字に反映されていませんので、実際にはさらに多くの患者が入院しています。
・外傷後の神経麻痺や拘縮にも対応しており、手術目的の入院が多い結果となっています。
・機能回復を目的として積極的にリハビリテーションを取り入れているのも特色です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 189 1.87 2.84 0.00% 72.94
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 12 2.00 7.05 0.00% 69.67
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - - - -
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 - - - -
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 - - - - -
※症例数が10例未満は-(ハイフン)と表示されています
【解説】
・眼科入院患者はそのほとんどが手術のための入院です。最も多いのは、水晶体が濁ってくる病気の白内障です。白内障になると、見にくい、かすみ、ぼやけ、まぶしさなどの症状がでます。原因としては加齢によるものがほとんどです。当院では白内障手術は通常日帰り手術で行っています(お身体の状態や白内障の重症度により、入院手術が必要な場合があります)。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 17 - - - - 23 1 8,7
大腸癌 - - 17 20 - 52 1 8,7
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 8,7
肝癌 - - - - - - 1 8,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※症例数が10例未満は-(ハイフン)と表示されています
【解説】
・胃癌は、早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)や内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)等の内視鏡手術、また腹腔鏡下内視鏡手術を実施していることから、ステージⅠの患者数が多くなっています。
・大腸癌は、開腹術や身体への負担が少ない腹腔鏡下の外科的切除術を多く実施しています。抗がん剤治療も多く行っており、あらかじめ定められた投与計画に基づいて入退院を繰り返すため、延べ患者数が多くなっていると考えられます。そのほか、末期症状に対する緩和ケアなども行っており、患者に合わせたがんの治療法を選択し、総合的に管理しています。
・ご高齢の方は、積極的な治療や詳しい検査も望まれないこともあり、そういった症例はStage不明となっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 9.33 55.67
中等症 54 18.22 82.28
重症 16 20.56 85.00
超重症 - - -
不明 - - -
※症例数が10例未満は-(ハイフン)と表示されています
【解説】
・最も多いのは中等症の患者数で、重症、軽症となります。市中肺炎とは、 普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。
・ご高齢の方ほど重症化しやすく、中等症以上の重症患者は平均年齢が80歳を超えています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
【解説】
・当院には脳外科がありませんので、対象となる患者数が10件以上のものはありませんでした。
・2018年度は、発症から3日以内の脳梗塞が4件あり、脳外科のある病院へ紹介対応とさせていただきました。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
※症例数が10例未満は-(ハイフン)と表示されています
【解説】
・末期腎不全患者さんに対する内シャントの作成です。内シャントは血液透析に欠かすことができません。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 41 2.27 2.83 0.00% 70.71
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 16 0.00 15.69 0.00% 69.19
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) - - - - -
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) - - - - -
※症例数が10例未満は-(ハイフン)と表示されています
【解説】
・循環器内科で行われた手術別患者数は、診断群分類別患者数で多かった急性心筋梗塞や狭心症などに対して行われる経皮的冠動脈ステント留置術です。救急の循環器救急症例も積極的に受け入れを行っており、急性冠症候群などの重症な症例に対しても来院後速やかに治療を行っています。
・第3位以下は10件未満ですが、閉塞性動脈硬化症などに対して行われる四肢の血管拡張術・血栓除去術や、ペースメーカー移植術なども行っています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 204 0.21 1.07 0.00% 67.46
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 29 2.24 13.52 0.00% 83.97
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 22 0.32 1.50 0.00% 69.05
K654 内視鏡的消化管止血術 21 0.90 13.10 0.00% 71.00
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 - - - - -
【解説】
・消化器内科で最も多いのは、大腸腫瘍(ポリープ、早期がん)に対する内視鏡的ポリープ切除術です。 次いで、内視鏡的消化管止血術や総胆管結石などの胆道・疾患への内視鏡的胆道ステント留置術が多くなっています。
・当院の内視鏡センターでは緊急内視鏡などに24時間対応できる体制をとっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 27 0.44 6.33 0.00% 63.74
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 19 0.63 3.58 0.00% 70.58
K7432 痔核手術(脱肛を含む。)(硬化療法(四段階注射法によるもの)) 12 0.08 0.33 0.00% 66.17
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 11 0.09 1.00 0.00% 70.91
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 10 0.20 4.00 0.00% 71.80
【解説】
・消化器外科で最も多いのは、胆嚢結石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術です。次に鼠径ヘルニアに対するヘルニア手術です。
・当院は、急性虫垂炎・胆嚢炎・上部消化管穿孔では、ほとんどの症例を腹腔鏡手術で行っており、術後の早期社会復帰や周術期感染の低減化に努めております。創感染も含めた合併症は認めておらず、安全に行えています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 44 2.34 11.50 4.55% 48.43
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 31 2.23 18.06 25.81% 60.35
K0463 骨折観血的手術(指) 等 23 1.57 8.61 0.00% 41.83
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(下腿) 等 19 0.79 1.53 0.00% 49.58
K037 腱縫合術 11 1.18 5.45 0.00% 47.27
【解説】
・上位5つの中の3つは骨折に対する観血的整復術となっています。骨折は交通外傷やスポーツ競技中の事故によるものが多くを占めます。
・診断群分類患者数の指標と同様、手外科・外傷マイクロサージャリーセンターでは、顕微鏡下の四肢外傷切断指再建手術を積極的に行っており、関連の手術も多いですが交通事故や労働災害による外傷の患者はDPC対象外となり上記の表の数字に反映されていません。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 189 0.02 0.85 0.00% 72.94
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 17 0.18 2.18 0.00% 67.94
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) - - - - -
※症例数が10例未満は-(ハイフン)と表示されています
【解説】
・眼科は、白内障に対する水晶体再建術が最も多く、眼科で行われた手術の9割以上が水晶体再建術です。
・またDPC対象外で上記表には含まれませんが、多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術は、厚生労働省の承認を受け、先進医療として実施できる施設に認定されています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 14 0.52%
180010 敗血症 同一 - -
異なる 17 0.63%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
※症例数が10例未満は-(ハイフン)と表示されています
【解説】
・播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症は感染症、悪性腫瘍等に合併することが多い疾患です。細菌やウイルスなどに感染し、それを阻止しようとする体の免疫による防御反応とが関連して生命を脅かす臓器障害を来した状態とされています。従来から生命を脅かす非常に重篤な病気ですが、全世界で現在進行形に研究がすすんでおり、徐々に救命できるようになってきています。当院では病状の早期把握を心がけ、ガイドラインなどを参考に治療を行っております。
・その他起こり得る合併症についても、事前に可能な限り患者に説明してご理解いただいた上で、治療に同意をしていただけるよう努めています。
更新履歴
2019/10/1