大阪掖済会病院

文字サイズ

循環器内科


心臓ドックについてはこちら → 心臓ドック

 循環器内科では、心臓の病気、また全身の血管の病気を診察します。 例えば、検診で心電図に異常が見つかった時、検査技師と協力し心エコーにて、心臓の大きさや形態、動きを観察し、心臓が正常に動いているかどうかを検査します。さらに心臓の弁の動きや形態、血流の流れを観察し、逆流や狭窄がないかも検査します。 また心臓ドックにて虚血性心疾患が疑われた時、冠動脈CT検査で、他の検査では見つかりにくいような細かな病変も明らかにしていきます。そして得られた撮影データをコンピュータ処理し、立体画像に加工し、冠動脈や心臓の病変の位置や範囲を的確に把握することができるので、治療方針も立てやすくしていきます。

冠動脈造影による検査や治療は、2021年4月以降、循環器内科医師が1名体制となったため休止しております。今後、体制が整い次第再開していきますので、どうか宜しくお願い申し上げます。 尚、外来診療につきましたは、今まで通り行っておりますのでご相談下さい。

症状や状態および検査結果にて当院での対応が難しいと判断される場合は、近隣医療機関とも密に行っていますので、ご紹介させていただく場合もございます。






大阪掖済会病院

大阪市西区本田2丁目1番10号
TEL:06-6581-2881
受付:8:30〜11:30
  :整形外科 8:30〜11:00
  (13:00〜16:00 再診の方のみ)