初期臨床研修医

特色について研修プログラム概要募集要項応募フォーム

当院の特色


 当院のほぼ全科が、大阪市立大学の関連施設です。市内環状線内に位置し、立地条件も良く大阪市立大学と 連携し医療の提供を行っています。
 研修1年次は、内科6ヶ月と外科3ヶ月のプログラムとなっています。内科では主に循環器内科と消化器内科、 外科では消化器外科と整形外科を中心に指導医と共に診療を行ってもらいます。またこの9ヶ月間にて当院を受診した 救急患者のほぼ全てに関与してもらうため、多くの救急疾患を経験することが可能となっています。
 当院は小規模病院でありながら比較的症例が多く、研修医の受入れを最大2名としているため、1人の研修医で 多くの疾患を主治医として経験することが可能となり、短時間で臨床のスキルを体得することができます。
また小規模であるがゆえに雰囲気はアットホームで、他科医師はもちろんコメディカルとの連携もスムーズで 働きやすい環境になっている。


研修担当医からひと言

 当院に来られた研修医の先生には、多くの患者さんにかかわることで、短期間に多くのことを学んで頂こうと考えております。学問的な知識は、参考になる書籍を読むことにより得られますが、経験は医療の現場でしか学ぶことができません。
 自身が、働き始めのころは、採血や点滴をすることが最初の医療行為でしたが、こんな些細な仕事でも、誰よりも上手になりたいという思いや、医療をさせてもらっている喜びから、毎日積極的にしていました。
 研修医の皆さんも、医者としてできることは何でもやりたいと感じるのが普通だと思います。研修医のこのような気持ちを大事にし、医者としての多くの経験を積んでいただけるように、当院研修では、各科の垣根を取り払い、内科、外科、整形外科の救急患者への対応や様々な処置を、ローテーションしている科に関係なく、希望があればいつでも携わっていただけるようなシステムにしています。
 見学型の研修ではなく、少人数で実践型のスキルアップをめざした研修ができます。早く、一人前の医者になりたいとやる気のある研修医の先生達。一緒に頑張ってみませんか。
 また、仕事以外にも福利厚生の一環として、院内ゴルフ部や野球部などがあります。クラブを通して、多職種間の交流も図っています。